玄関は家のイメージを左右する大切な場所の一つです。「家の顔」などと言われたりしますよね。外から来られたお客さんにとっては、玄関扉やポーチの印象でどんな家なのかを想像するでしょうし、住んでいる人にとっては、玄関扉を境に家の中と外との気持ちの入れ替えをしているかもしれません。

風水でも、「玄関は、不運をせき止め、幸運を呼び入れる大切な関所である。」と考えられているそうです。よい気を取り込んで、よい住まいにするために、やはり玄関は重要な場所と言えます。玄関と言っても、外からの玄関を考えると、門を入りポーチを含めた部分になりますから、玄関扉のイメージだけでなく、照明やポスト、表札、植栽などトータルでコーディネイトしなくてはなりません。ポーチの広さとドアの開閉方法も十分に検討する必要があります。玄関扉の開け閉めは毎日の動作ですから、家族構成やスペース的なことも考え、外開きタイプにするのか、内開きタイプ、引き戸タイプなど、安全で便利に利用できる扉を選びたいものです。

また、雨が降っている時などは、ポーチの屋根が深い方が濡れずに便利です。自転車など、濡らしたくない物を置くスペースとしても利用できます。それから、お客さんが来られた時、玄関部分で話すという場面も多いのではないでしょうか。時間にすると意外と長かったりします。そんな時にも玄関が明るく、快適な雰囲気であれば印象がよいですね。もちろん、住まいのどの方位に玄関を造るかによっても変ってきますが、明るくて、風通しがよい玄関を造るために、窓があるとよいと思います。採光はもちろん、玄関には靴がたくさんあり湿気や匂いも気になるところなので、通風にも気を付けた方がよいでしょう。

靴も意外と増えますし、外に近い家の中ということで、置いておきたい物がごちゃごちゃとなってきます。十分な収納も確保しておきましょう。

三重で注文住宅を建てた友人は、プライべイト玄関を造ったそうです。急なお客さんにも、すっきりとした玄関で対応ができて便利ですね。