室内で犬を飼っている家庭は多いです。私の友人にも数人います。その友人の一人がペットと暮らす家を最近完成させました。その住宅には人と犬が共に共存しやすい家となるようにしっかりと配慮されていました。人と犬が互いに窮屈さを感じることのないようにしなければなりません。

犬が自由にのびのびと動き回れるよう、壁や柱の少ないオープンな空間を作っていました。犬の動きやすさが高められるだけでなく、家族が顔を合わせてコミュニケーションが取りやすく、明るさや風通しの良さを得られるため広さや開放感さえ感じられるのです。リビングの一角の階段下のデッドスペースを利用してペットの居場所を設けていました。ペットにとっても自分の居場所があることで落ち着けますし、リビングの一角にそれを設けることで、来客時や食事の時には犬に寂しい思いをさせることなく手軽に仕切ることができるのです。

上部にはペットの餌や散歩する時の用品を収納できるスペースがしっかりと設けられていました。階段下というデッドスペースを上手に活用しているので空間に凹凸が生まれずスッキリとした空間が広がっているのです。犬と暮らす上で欠かせないのが、汚れはもちろん臭いやノミを防ぐためのシャンプーです。少しでもシャンプーを楽に、快適に行えるようにペット対応洗面台が設けられていました。

小型犬対応のようですが、シンクには専用のマットが敷かれ犬の足が滑りにくくなっており、腰をかがめずに楽な姿勢でシャンプーできることで体に負担もかかりにくいのです。洗面室の壁には耐水性があって水拭きしやすい水廻りパネルを設けてお掃除が手軽に行える環境が整っていたのです。人とペットが互いに快適な暮らしを送れる配慮が大事なのですね。

寝る時間を除いて一番長く過ごす場所がリビングです。家族が集まるのはもちろん、家に遊びに来たお客様をお通しする場所でもあるだけに、より居心地のいい空間にしたいと誰もが思うことでしょう。家族団らんの場となるリビングを、二階に設けることでより明るく、開放感たっぷりの空間にすることができます。

二階リビングの最大のメリットは、日当たりが良くなることです。狭小住宅で一階の日当たりが悪い場合、リビングを二階に設けることも多いです。日当たりが良くなることで明るさや開放感を確保でき、リビングの快適性に繋がるのです。また、リビングからの眺めが良くなります。一階だと隣の家しか見えませんが、二階では空が広く見えたり、遠くの景色まで目が行き届きやすく眺めの良さを実感できることでしょう。

そして、プライバシー性の高いリビングにもなるのです。リビングが一階にある場合、窓を開けたら隣の家の窓がすぐ側にあるため窓を開けにくいこともありますし、通行人の視線が気になりカーテンを閉めっぱなしにしているという家庭も多いです。しかし、二階リビングだと通行人の視線はしっかりとカットできますし、窓の位置もお隣に合わないように意識しておくことで、周りの視線を気にすることなく、カーテンを開けっぱなしにしやすくなるのです。

開放感が得られるだけでなく、プライベートが空間を得られるのです。しかし、一つ気になるのが老後です。買い物からの帰宅時荷物を抱えて二階へ上がらなければなりません。外出や帰宅時には必ず階段の上り下りがあるため高齢になった時は体に負担がかかってしまいます。二階にリビングを設ける場合は、この対策をしっかりと行う必要があるでしょう。

二階建てや三階建て住宅を建てると階段の存在が欠かせません。階段を設けることで、階段の下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースをどのように活用させるかは家造りにおいて重要なことの一つでもあります。今までは階段下というと収納スペースが設けられることが多かったです。

しかし、階段の形状や扉を設ける位置によっては、奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっていたりとあまり使い勝手のよくない収納スペースとなってしまう場合があります。階段をどこに設けるか、どのような階段の種類かによって階段下の活用法もそれに適した活用法を取り入れるといいのです。最近では、リビング内にストレート階段を設ける家庭が多いです。この階段下に収納スペースを設ける場合は、今までのような隠す収納ではなく、オープン棚を設けて見せる収納を取り入れる人も多いのです。リビングという空間であるだけに収納機能とインテリア性を兼ね備えているのです。

他の活用法としては、居住スペースの一部としてペットスペースを設けたり、カウンターを設けてスタディコーナーやパソコンスペースとして利用させる家庭も多いです。階段下をオープンに活用するのもいいと思います。我が家は、廻り階段の下にトイレを配置しました。便器を設置している部分の一部の天井が通常の天井の高さに比べると低く、階段下ということで特殊な形状をしているのですが、トイレに狭い印象を一切与えることもありませんし、用を足すにも全く問題ありません。また階段の上り初めから途中までの階段下はトイレ収納として十分すぎる広さを確保できています。階段下を余すとこなく活用できていることで住まい全体の満足度も高まっています。

間取りを決める際には動線が非常に重要です。この動線には、生活動線と家事動線があります。どちらの動線にも配慮しながら間取りを決めるようにしましょう。我が家には動線にこだわったところが2ヶ所あります。まずは和室です。リビングの延長線上に設けた和室は、普段は建具で仕切らず、リビングの延長として和室を多目的に使用することができます。いざという時は、建具で仕切れば宿泊ルームとして活用できますし、子どもが昼寝をした際も便利です。

しかし時に、リビングを見られたくないお客様が来ることもあります。このような場合、和室を客間として活用できるように玄関から直接和室へ行ける動線を設けたのです。リビング側と玄関側と2方向の動線を得たことで、より幅広い和室の活用法ができるのです。

そしてもう一か所は洗面室です。この洗面室は生活動線を考える上でも、家事動線を考える上でも重要な空間です。この洗面室にも2方向に建具を設け動線を確保したのです。まずは玄関側です。帰宅してすぐに洗面室へ行ける動線を確保しておくことで、外で汚れて帰ってきても室内を汚すことなく、手洗いが行えます。きれいな状態で後はゆっくりリビングでくつろぐことができるのです。

しかし家事動線を考えるとキッチンと洗面室の動線は非常に大事で、動線はできるだけ短くして家事の効率を高めたいものです。そこでキッチン側も建具を設けて動線を得たのです。そうすることでLDKからスムーズに洗面室へいけるので、家事動線だけでなく生活動線にも配慮されているのです。動線を意識して住宅内をスムーズに移動できるようにしておくと暮らしやすさを感じられると思います。

LDK

家造りをする人のほとんどがLDKを重視することと思います。どの空間よりも広々と開放感があり、居心地の良さを追求します。最近ではLDKの一体感を高めたスタイルが人気です。できるだけ壁や建具で空間を区切らず、奥に視線を繋げることで広さや開放感をより感じられるようになるのです。しかしLDKの一体感を重視するあまり空間が間延びして、空間のメリハリが失われてしまうことがあります。これではLDKの快適性も下がってしまうのです。

LDKの開放感はそのままにそれぞれの空間を緩やかにゾーニングすることで、空間にメリハリが生まれますし、生活にもメリハリが付けられます。リビングをダウンフロアにします。空間に高低差を設けることで空間的な繋がりは感じながらも、空間を分けることができるのです。また家族団らんの場となるリビングをダウンフロアにすることで、天井が高くなりより広さや開放感を感じられるのです。

また落ち着いた印象が得られるため居心地の良さも高められるのです。他には木の面格子でゾーニングするのもいいと思います。木の面格子は空間のアクセントにもなるので、空間のデザイン性を高められます。また緩やかに視線をカットしてくれるのですが、明るさはしっかり通すため閉鎖的な印象にはなりません。このように少し工夫を凝らすだけでLDKにメリハリをつけることができ、それぞれの空間の居心地を良くしてくれます。もちろん家族との繋がりもしっかり感じられるのでまさに理想的な空間が広がるのです。

家事には365日休みがありません。休みのない家事だからこそ少しでも負担を軽減でき、効率良く行える環境を整えておきたいものです。家造りでまず行うことは間取りを決めることです。この間取りによって暮らしが大きく変わってきます。中でも家事動線に配慮して間取りを決めることで、家事の効率を高められ家事の時短が実現できるのです。

家事動線を考える上で重要なのが、キッチンと洗面室の動線です。家事の中心はキッチンです。キッチンで家事をしながら、別の家事を洗面室で行うことはよくあります。それだけにキッチンと洗面室の動線は短く、そして行き来がしやすいようにしておく必要があるのです。

例えば、キッチンと洗面室を横一直線で隣り合わせに配置します。このようにすることで、キッチンと洗面室は4,5歩で行き来ができ同時に二つの家事を行いやすくなるのです。洗面室に洗濯機を置く家庭が多いと思います。この洗面室から洗濯物干し場への動線も重要です。一番避けたいのが、一階で洗濯をして二階のバルコニーで干すというスタイルです。洗濯を終えた洗濯物は重さを増し、それを抱えて階段を上るというのは体に負担がかかります。妊娠中や高齢者では洗濯物を干すという作業が非常に体に負担をかけてしまうのです。

若い時でも妊娠中でも高齢になった時でも円滑に洗濯物を干せるようにしておくには、洗濯機のある洗面室と同フロアに洗濯物干し場を設けるといいのです。同フロアにすることで動線が短くなり体への負担も軽減できるのです。家事のしやすい家は家事へのストレスを溜めない家になるのです。

私は家事の合間にパソコンを使い仕事をします。趣味もネットショッピングとあって一日の中でパソコンと向き合う時間は多いです。現在は戸建ての賃貸住宅に住んでいるのですが、パソコンスペースがないためダイニングテーブルを活用しています。しかしダイニングテーブルを活用することで、食事の度にパソコンをしまわなくてはいけないので面倒です。

そこで新築住宅にはパソコン専用のスペースを設けました。パソコンスペースがあることで仕事を効率よく行えるようになりますし、趣味のネットショッピングも子ども達に邪魔されることなく、一人の時間を満喫できます。
造り付けのカウンターデスクは窓際の明るさが確保できるところにしました。気持ちよい風を取りこむこともできます。パソコンを使用しない時は、カウンターをスッキリできるようにカウンターの下にオープン棚を設け収納スペースを確保しました。パソコンやプリンター、書類関係を収納し仕事の効率をより高められます。

カウンター上部にはコンセントを設けました。私がこの空間を使わない時は子どものスタディコーナーとして活用させます。二人並んで勉強ができる長さにしました。キッチンで家事をする目の前で子ども達の勉強姿を確認できるので、互いに安心感が得られるのです。

家事の手を止めることなく、宿題のチェックができたり、子ども達も分からないところがあればすぐに質問できる環境となっているのです。夜でもこのスペースを活用できるように照明を確保しておくことも必要でしょう。家族との繋がりを感じながらも、自分だけのスペースのようにも感じられる空間となりそうです。

我が家は新築住宅を建てることを決断し、ようやく間取りも決まりつつあります。
暮らしやすさや、住み心地を考えた時にこの間取りと言うものが非常に大事になってきます。

間取りを決める際には日々の生活動線を意識しながら、そして女性であれば家事動線を考えながら決めるといいのです。

私は生活動線と家事動線を意識して間取りを完成させています。
まず家族が快適に暮らせる家にするには生活動線が重要です。
家族が長時間過ごすリビングを中心にトイレや洗面室への行き来のしやすさというものが大事だと思います。

外出前に用を足して出かけることや、帰宅して慌ててトイレに駆け込むということもよくあります。このことを考えるとトイレは玄関近くに設けると便利がいいのです。

意外と頭を悩ませるのが階段の位置です。最近人気を高めているリビング階段を取り入れました。リビング階段はリビングからそのまま二階へスムーズへ上がることができます。

また子ども達が成長し思春期頃になると帰宅してそのまま二階の自分の部屋へ行くということも増えるでしょう。家族が顔を合わす機会がほとんどなくなるのです。
しかしリビング階段にすることで家族が顔を合わす機会が増えます。
顔を合わすことで自然とコミュニケーションを取る機会も増えるのです。
階段の位置にも注目して間取りを決めるといいでしょう。

そして女性が一番重視するのが家事動線です。
その中で私が一番重視したのがキッチンと洗面室の位置です。
キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事をするということは多いです。
この二つの空間は行き来がしやすく、また動線も短くすることで家事効率も高まるのです。

住宅において間取りは大事なので普段の生活を考えながら慎重に決めたいものです。

住まいを新築する時、住まいの中で、一番日当たりや風通しがよい南側にLDKを間取りすることが多いのですが、必ずしも、思った通りの環境を得ることができるとは限りません。広さにしても、敷地面積が狭いと、どうしても、思った通りの広さを確保することができません。そこで、最近は、アウトリビングとして、ウッドデッキを作るようになりました。アウトリビングは野外にありますが、屋内のリビングとウッドデッキの高さを揃えることで、リビングが広くなったように感じられます。

私の友人が住まいを新築した時、リビングの奥行きがあまりとれなかったので、リビングの前に、同じ高さで、ウッドデッキを設置しました。このウッドデッキの周りには、視界を妨げないように、腰の高さで、同じ木質のフェンスを巡らせました。リビングを広く見せる効果があるウッドデッキですが、同居する母親は、ここで、季節の草花を育てるのが趣味です。母親は元気ですが、中腰状態や腰を曲げた状態のままで、草花の手入れをしたり、植え替えたりするのは、かなりの負担です。そこで、プランターをフェンスに掛けるようにしたり、台に置いたりして、工夫しました。

ところが、母親が脳梗塞を発症しました。幸い、一命を取りとめましたが、左半身に麻痺が残りました。リハビリの末に、手摺と杖を使って、歩くことができるようになりましたので、今まで通り、草花の世話をすることもできそうでした。ただ、問題は、リビングとアウトリビングの間の掃き出し窓のサッシでした。少し段差があります。わずかな段差なのですが、脳梗塞で体が不自由になった母親には、危険な段差になってしまいました。

せっかく、住まいの中の段差を解消し、動線なども考えたのですが、アウトリビングへ出る所まで、気が回りませんでした。もう少し、よく考えて、リビングとアウトリビングの間の段差をなくせば良かったと思いました。