玄関は住宅の第一印象を決めるのに非常に重要な場所です。玄関は住宅の顔とも言われる部分だけに、常にきれいで、家族が出入りやしやすく、また家に来たお客様にいい印象を持ってもらえるようにしておきたいものです。しかし現実には靴箱に入りきれない家族の靴が並べられていたり、脱ぎっぱなしの靴があったり、外で使用した物が片隅に置きっぱなしになっていたりして、ごちゃごちゃした玄関になっている家庭も多いです。

そこで最近では玄関周りの物をきちんと片づけられるように、また家族の靴を大容量に収納できるようにシューズクロークが設けられるようになりました。可動オープン棚に家族の靴を大容量に収納でき、オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で分かるのも使いやすさを高めます。シューズクロークには靴や傘はもちろんのこと、子どもが小さい家庭であればベビーカーや三輪車、外用のおもちゃなどもここに収納しておくと玄関スペースがスッキリとします。

他にはサッカーボールなどのスポーツ用品や、アウトドア用品、旦那さんの趣味のゴルフ用品などこれらのものまで玄関収納にしっかりとしまうことができれば、玄関に物が散らかるのを防ぐことができます。ついつい玄関部分やポーチ部分、玄関ホール部分に置きっぱなしになりがちな物までしっかりと収納できる玄関収納を設けましょう。そうしておけば靴を履くのと同時に必要な物をサッと取り出し外出できますし、帰宅時も片付けやすいです。玄関の収納を充実させることが玄関をきれいに保つためには大事なのかもしれないですね。

家族と言いますが、家族構成にはいろいろあります。
単身者もいれば、夫婦だけという場合もあります。
一般的に多いのは、夫婦と子供達という核家族ですが、親世帯と子世帯が同居する場合もあります。

また、最近の形として、2.5世帯といい、親世帯と独身の子どもと子世帯というのもあります。いずれにせよ、家族が多くなればなるほど、荷物が増えていきます。
普段はあまり意識しませんが、家族全員の靴類というと、相当な数があります。
普段履くものだけでなく、冠婚葬祭用の靴もありますし、スポーツ専用の靴もあります。長靴やスノーブーツなどのように、季節や天候によって、特別な靴もあります。

私の友人は、独身の妹と両親と同居するため、2.5世帯住宅を建てることにしました。家族が5人いますから、靴だけでも想像以上です。
家族全員が帰宅すると、どうしても、外から土泥を持ちこみますから、玄関土間が汚れてしまいますし、靴が脱ぎ放しになると、大変な状態になります。
そこで、玄関土間から土足で入ることができるシューズインクロゼットを作ることにしました。

ここには、家族分の傘や日傘、スリッパ、帽子、レインコートなども収納できるようにしましたので、外出する時、便利です。玄関土間もすっきりときれいに保たれます。
しかし、問題は、嫌な臭いが籠ってしまうということとカビが生えてしまうということです。家族それぞれの靴を把握しやすいように、オープン棚に収納するようにしましたので、どうしても、数が数ですから、玄関全体に嫌なにおいがこもってしまいます。

また、濡れた靴や傘やレインコートも収納しますので、長雨の時期には、かなりの湿度になります。
普段履く靴は大丈夫ですが、冠婚葬祭用の靴や季節外れの靴などにカビが生えてしまいます。シューズインクロゼットにも換気用の窓を取り付け、玄関部分にも小窓を取り付けることで、換気できるようにすればよかったと思いました。

 玄関は家のイメージを左右する大切な場所の一つです。「家の顔」などと言われたりしますよね。外から来られたお客さんにとっては、玄関扉やポーチの印象でどんな家なのかを想像するでしょうし、住んでいる人にとっては、玄関扉を境に家の中と外との気持ちの入れ替えをしているかもしれません。

風水でも、「玄関は、不運をせき止め、幸運を呼び入れる大切な関所である。」と考えられているそうです。よい気を取り込んで、よい住まいにするために、やはり玄関は重要な場所と言えます。玄関と言っても、外からの玄関を考えると、門を入りポーチを含めた部分になりますから、玄関扉のイメージだけでなく、照明やポスト、表札、植栽などトータルでコーディネイトしなくてはなりません。ポーチの広さとドアの開閉方法も十分に検討する必要があります。玄関扉の開け閉めは毎日の動作ですから、家族構成やスペース的なことも考え、外開きタイプにするのか、内開きタイプ、引き戸タイプなど、安全で便利に利用できる扉を選びたいものです。

また、雨が降っている時などは、ポーチの屋根が深い方が濡れずに便利です。自転車など、濡らしたくない物を置くスペースとしても利用できます。それから、お客さんが来られた時、玄関部分で話すという場面も多いのではないでしょうか。時間にすると意外と長かったりします。そんな時にも玄関が明るく、快適な雰囲気であれば印象がよいですね。もちろん、住まいのどの方位に玄関を造るかによっても変ってきますが、明るくて、風通しがよい玄関を造るために、窓があるとよいと思います。採光はもちろん、玄関には靴がたくさんあり湿気や匂いも気になるところなので、通風にも気を付けた方がよいでしょう。

靴も意外と増えますし、外に近い家の中ということで、置いておきたい物がごちゃごちゃとなってきます。十分な収納も確保しておきましょう。

三重で注文住宅を建てた友人は、プライべイト玄関を造ったそうです。急なお客さんにも、すっきりとした玄関で対応ができて便利ですね。