洗面室の広さは1坪が一般的とされていましたが、最近では洗面室はただ単に洗面や脱衣室として利用するだけでなく、家事を行う空間としても考えられるようになってきています。そこでキッチンと洗面室を繋ぐ形でウォークスルー洗面クローゼットを設け、一か所で洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという作業が行える、家事の効率が高められる空間として洗面室を計画する家庭が増えています。

洗面室ではタオルを使用する機会が多いですし、脱衣室としても利用するため下着やパジャマが同じ空間に整理されてあると、入浴の事前準備も楽に行えます。また、ここではヘアセットやお化粧など身支度を行う場でもあります。そこで衣類まで管理しておくことで、朝二階から起きてきて、外出するまでの間に二階へ上がって身支度をする必要がなくなり、スムーズに外出ができるのです。着替えまでスムーズに行える洗面室は、家族みんなにとって利用しやすい空間となるのです。

キッチンと洗面室を繋ぐ形でものウォークスルー洗面クローゼットを設けることで、家事動線が短くなり、家事の効率の高さに繋がります。同じ場所で効率よく家事を行えることで手間だった家事の負担を大幅に軽減することができ、家事の時短も夢ではなくなるのです。家事の時短が実現できれば今まで少なかった自分の時間や家族との時間を大切にすることができるのです。

天井には室内物干しを設けておき、乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけが行える作業カウンターをクローゼットと一体化して造りつけておくといいと思います。床から天井まで有効活用させて家族の衣類を一か所で管理しておくのです。このような洗面室なら家事の効率が高まるだけでなく、家族みんなが利用しやすい便利な空間だと実感できるのです。

洗面室には洗濯機と洗面化粧台は欠かせません。
しかし洗面室の広さには限りがあります。洗面室のポイントは限られた空間をいかに有効活用させるかということです。
最近では洗面室と脱衣所を分けて設ける人も増えてきました。
また洗面室を広めに確保して家事のしやすいスペースへとしている人も多いです。

洗面室にタオルを収納している家庭はほとんどだと思います。タオル類だけでなく、部屋着や下着まで収納できるようにしておけばより使い勝手のいい洗面室になるのです。
動線を考えてみてください。
帰宅してリビングへ行き荷物を置きます。そして手洗いをしに洗面室に行きます。
洗面室で手洗いを終えたら部屋着に着替えます。
その際にわざわざ二階のクローゼットまで衣類を取りに行くのは面倒です。
洗面室に部屋着を収納していれば手洗いをして移動することなくその場で着替えができます。

そしてその場に洗濯機もあるので、洗濯物は洗濯機へ入れるだけです。
後はゆっくりリビングで休むことができます。
また入浴後も洗面室に下着を収納していればサッと下着を取り出せるので事前に準備する手間も必要なくなります。住宅内の無駄な動きがなくなり、暮らしやすさを実感できる家になると思います。

洗面室の広さに少し余裕を持たせることでこれらの物まで収納できるだけでなく、ここに室内用の洗濯物干し場を設けることもできます。
天井に洗濯物用の吊り下げ金具を取り付け室内用の洗濯物干し場を設ければ家事の効率も高まります。
洗面室は生活をする上で重要な場所でもありまし、家事をする場所でもあります。快適性と家事効率の両面を考えるべきなのです。