「家づくりはパートナー選びで決まる」と言うと、なんだか大げさな気もしますが、実際に良いパートナーとなる業者やハウスメーカーを選ぶことが間違いなく良い住まいを作るコツだといえます。祝前日の前になると、どさっと住宅メーカーのチラシがポストに入っているなんて事もありますが、とにかく沢山の業者の中から自分達にとってどの業者がベストなのかを見極めることが大切なのです。

家づくりのパートナー選びをする前に欠かすことが出来ないのが住まいの要望書です。これは、あなたや家族がどんな住まいを希望しているのかが一目でわかる資料のことで、これと言って形式はありませんがもっとも手っ取り早いのはクリアポケット式のファイルやバインダーなどに自分たちの希望を居室ごとにまとめたものです。要望書があるとないとでは実際に業者を選定する際に行う見積もりを依頼する段階で大きな差が出ます。

当たり前のことですが、業者との話し合いの場で「口約束」「口頭での指示」というのはタブーです。あなたがそれぞれの業者に自分自身や家族の希望する住まいを「口頭で」説明したのでは、その都度見積もりの内容は変わってしまうので最終的に比較検討する事が難しくなってしまいます。

見積もりを依頼する時は同条件で依頼する事がなによりも大切なのです。
家づくりに対して沢山の希望があるけれど、メーカーについては「どこでも良い」と考えている方も実は少なくありません。「希望通りの住まいが出来ればどこでも」と考えている方こそ気をつけてほしいのがどんなことを優先事項にするのかという問題です。
業者それぞれに得意な分野、不得意な分野があるのは言うまでもありません。施工実績や標準設備などにも大きな差があります。ですからどんなことを業者選びのポイントにするのかをあらかじめ決めておくと良いでしょう。金額なのか、設備なのか、メンテナンスなのか・・・・。完成後も長期間関わることを考えてじっくり検討しましょう。