一年中で一番寒い時期に突入です。

私は寒いのが苦手なのでこの季節のお休みの日はコタツでゴロゴロを決め込むことが多くあります。

それはそれでとても気持ちがよくてが落ち着きます。

休みを実家で過ごしたある日、外へ出ることをせず、家の窓から庭を眺めていたら、ウメの木に花がたくさん咲いているのを見つけました。

寒いのを我慢して梅の木のそばに行くとウメの花が香っていました。

とてもいいにおいで寒さを忘れてしまいそうでした。

深呼吸をして家に戻り、しばらく中から梅の木を眺めていました。

私の家には3本の梅ノ木があります。それぞれ少しづつ、時期をずらして花を咲かせてくれるので長い時間その姿と香りを楽しめます。

おトクです。

ウメと言えば梅干。ウメの収穫はまだまだこれからだけど、今年のウメの実に想いを馳せながら今は花と香りを楽しんでいます。

梅干を漬けるのはおばあちゃんの役目。

今の内におばあちゃんの梅干の技術をご享受いただかないと、おばあちゃんにもしもの事があったら、梅干が食べられなくなるのではなくて誰か代わりの人が継承できるようにと思っています。

だからしっかりおばあちゃんについて教えてもらわないと。

梅干を食べられない人って、結構いるかもしれません。

うちの子供は二人ともあまりすきではなく、からだにいいからという理由で毎日ひとつづつは食べるように心がけています。

去年はあまりとれなかったので私としてはその分今年がたくさんなるのだろうと期待しています。

収穫の時期が楽しみです。