新築住宅を素材にこだわった家造りをしたいなと思っています。
特に肌が長時間触れるフローリングは無垢材を使用し健康に過ごせて、感触のいい素材がいいなと思っているのです。
無垢材のフローリングにすることで寒い冬でもヒヤッとした感触をなくしてくれるのが無垢材のフローリングの魅力の一つです。
感触の温かみを得ることができるだけでなく、見た目の印象も木の温もりを感じ心身共にリラックスできると思います。

また調湿機能にも優れているのです。
湿気の多い梅雨時期などでは湿気を吸収してくれ、逆に冬の乾燥時期には水分を放出してくれるのです。
室内の湿度調整を行ってくれる無垢のフローリングは快適空間を提供してくれるのです。
しかし気を付けておきたいのが乾燥がきちんとされている無垢材を使用しているかどうかということです。
乾燥が十分でない無垢材を床に使用すると、水分が蒸発して木が反ったり縮んだりするのです。
こうなると表明が平らでなくなり、快適性が損なわれてしまうのです。
このように曲がったり割れたりという問題があることも頭の隅においておきましょう。

また傷やシミも発生しやすいのです。
無垢材の魅力のたくさんありますが、お手入れをきちんとしなければいけなかったりするので手間がかかるのです。
しかし夏は涼しく冬は暖かい住空間を求める人が多い現在、無垢材はその希望を叶えてくれる一つの素材です。
断熱性に優れていたり、強度も期待できます。魅力が多いだけに無垢材を使用したいと思っている人も多いのです。
無垢材のメリット・デメリットを認識して取り入れた方がいいでしょう。