壁を選ぶ際につい見た目のデザイン性ばかりに注目しがちです。石こうボードや合板といった下地材の普及にあわせ、ほとんどの住宅でビニールクロスや塗装といったものが取り入れられています。価格の安さに加え、手軽に張り替えられたり、塗り替えられる壁材であるからです。しかし、合板やビニールクロスに使用されている化学物質が引き起こすシックハウス症候群が懸念されています。

そこで最近では、石や土などの自然素材を使った塗り壁が見直されてきています。その塗り壁の代表的存在と言えるのが、石灰を主原料とする漆喰です。漆喰は、耐火性が高く、呼吸する壁とも言われ調湿機能にも優れています。室内の湿度が高いときは空気中の水分を吸収し、湿度が低い時には逆に水分を放出してくれるのです。年間を通して室内の湿度を快適に導いてくれるので過ごしやすい、心地よい空間が広がるのです。また、カビや細菌の発生を抑える効果もあります。

そして、人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着分解する機能もありますし、ホルムアルデヒドなどの化学物質を出さないという点も注目されています。住まいの快適性が高まるだけでなく、そこに住む人の健康をしっかりと守ることができる空間が広がるのです。漆喰は、ビニールクロスに比べると価格が高くなるのですが、その分魅力がつまった壁でもあります。職人さんのこだわりが活かされ、味わい深さや素材の温かみを感じられる空間が広がるのです。