最近住宅によくニッチが取り入れられています。このニッチとは、壁の厚みを利用して飾り棚を設けたり、収納スペースを確保することを言います。壁の厚みを利用するため空間的に余裕のない場所でも積極的に取り入れられるのが大きな魅力の一つでもあります。柱や筋交の影響でニッチのサイズや個数は限られることもあるのですが、我が家にも影響のない部分にニッチを設けてもらいました。

まずは玄関入ってホール部分の壁を利用してスリッパラックのニッチを設けました。お客様用のスリッパは使用頻度が低く、玄関ホール部分に置き型のスリッパラックに置いていれば、ホコリをかぶりますし、行き来をする際に邪魔に感じることもあるでしょう。これを壁の厚みを利用して縦長のスリッパラックのニッチを設けたのです。そうすればホール部分はスッキリします。ホコリをかぶらないようにここにはミラー扉を設けました。ミラー扉にすることで外出前に身だしなみをチェックできます。

そしてLDKにはリモコンニッチ兼飾り棚の大きさのあるニッチを設けました。LDKに入るとまずここに目が行き、空間のアクセントとなっています。大きさのあるニッチを3つのゾーンに分けました。その真ん中は、照明スイッチ、給湯スイッチ、インターホンモニター、太陽光モニターなどを設置しています。これらを壁に取り付けるとごちゃごちゃした印象になりますし、生活感を感じやすくなります。ニッチ内に収めることでスッキリと生活感を感じさせません。上下には飾り棚としてのニッチがあるのでお気に入りの雑貨を並べオシャレな印象を与えているのです。壁の厚みを利用してニッチを積極的に取り入れてほしいと思います。

壁の厚みを利用したニッチは最近住宅で多く取り入れられるようになりました。ニッチは飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用できます。我が家ではお客様をおもてなしするニッチを玄関に設けました。玄関はお客様が住宅に足を踏み入れる一番最初の空間です。この空間はオシャレでお客様にいい印象を持ってもらいたいものです。

我が家が玄関に設けたニッチは、床から天井近くにまで広がる縦長のニッチです。このニッチは飾り棚としての機能と収納スペースとしての機能両方の機能を満たしてくれるのです。下部と上部はオープン棚にして飾り棚として利用します。お気に入りの雑貨を飾るのもいいですし、グリーンやお花でお客様をおもてなしするのもいいのです。

そして真ん中の部分にはお客様用のスリッパラックとして収納スペースとなっています。お客様用のスリッパは使用頻度が低く、また玄関に置いておくと邪魔に感じてしまったり、ホコリをかぶってしまっていることも多いです。このお客様用のスリッパをニッチ内に収めることで、玄関スペースをスッキリとさせることができます。またこのスリッパラックの部分はミラー扉で隠せるようにしました。スリッパが目に入ることで生活感が溢れてしまいます。扉で隠すことでオシャレで生活感を感じさせない玄関へと仕上げられるのです。

その扉をミラー扉にしたことで、通勤や通学するときの身だしなみチェックが行えるのです。外出前に全身の身だしなみをチェックできるので便利です。家族にとっても嬉しいですし、家に遊びに来たお客様にとっても利用しやすいのでおもてなしに最適なニッチだと思っています。我が家のおもてなしニッチは家族にもお客様にも大好評です。