我が家の新築住宅にはリビングに面してウッドデッキを設けました。マイホームにウッドデッキを設けるのは私の以前からの憧れでもありました。リビングに面して設けられたウッドデッキは横幅があるだけでなく、奥行も設けました。広々としたウッドデッキスペースは多目的にこのスペースを利用することができます。

ウッドデッキの上には同じサイズのバルコニーが設けられています。このバルコニーがあることで、強い日差しを直接受けることもないですし、急な雨にもしっかりと対応できるのです。ここを洗濯物干し場としても活用しています。来客時や庭でバーベキューをする際などは二階のバルコニーに洗濯物を干せるようにしています。家事動線を考えると洗面室からより近い洗濯物干し場の方が家事効率も高まります。また小さな子どもの様子を確認しながら洗濯物が干せるので家事と育児の両立のしやすさを感じています。

ウッドデッキを設ける際に気を付けたことは、リビングとの境にできるだけ段差をつけないようにしたことです。リビングからフラットに繋がるウッドデッキであれば小さい子どもから高齢者まで安心して行き来ができます。またウッドデッキをより身近に感じられるようになるのです。身近に感じられることでリビングの延長として子どもが遊んだり、ペットと過ごしたりと普段使いしやすいスペースとなるのです。

またこのスペースがあることで住宅と庭を繋いでくれる役割も果たしています。庭をより大事に感じられるようになったのはこのウッドデッキを設けたからだと思います。アウトドアリビングを楽しめる家にして住宅の満足度も高まりました。

私はリビングから繋がるウッドデッキを設けたいと考えています。リビングを広々と開放感たっぷりの快適な空間を造り出すことは我々夫婦の理想です。この希望をより高めることができるのがこのウッドデッキだと思っています。リビングに繋がるウッドデッキは室内と外の空間を繋げてくれ、窓をフルオープンにすることでリビングをより開放感たっぷりとしてくれ広々とし、明るさも取り込むことができます。気候のいい時期はこのウッドデッキでバーベキューをしたり、外の空気を吸い、太陽の日差しを浴び、心地いい風を感じ、きれいな景色を眺めて食事をしたり、友人や家族との楽しい閑談を楽しむことができればなと思っています。

また子どもの遊ぶスペースとしても大活躍できるこのウッドデッキはママ友との時間もゆっくり楽しむことができると考えています。天気がいいと子どもは外に出たがるものです。外に出て遊べば子どもの近くに居て見ておかなければいけなくなり、ママ友とのゆっくりしたおしゃべりもできなくなります。このウッドデッキがあればリビングでくつろぎながら、子どもも外と中を自由に行き来でき、親もしっかりと子どもに目が届くので安全で子ども達も遊びに夢中になれること間違いありません。ルーバーなどでしっかりプライバシーをしっかり確保しておくことも忘れてはいけません。せっかくも快適な空間を手に入れても通行人や近隣住民の視線が気になり、ゆっくりできないということになれば快適性は得られません。室内とお庭を自然な形で繋いでくれるこのウッドデッキスペースは我が家には必ず設けたいものの一つです。