子ども達が勉強する場所は、二階に設けた自室ではなく、家族がより近くにいるリビングやダイニングという家庭が大部分です。そこで最近では高額な学習机を購入するよりも、リビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを造りつけておく家庭が増えています。二階の自室で一人でこもって勉強をするよりも、リビング学習の方が子どもの学力を向上するとも言われているのです。

スタディーコーナーを設ける際には、子どもがより快適に、そして勉強に集中できる環境にしておくことと、子どもが成長した時にほかの目的でも利用できるようにしておくといいでしょう。我が家は、ダイニングの窓際にカウンターを造りつけました。

しかし、友人宅はリビングとの境に互いの視線が気にならないように腰壁を設けられていました。この腰壁があることでリビングとの一体感が家族の気配を感じながらも、視線やテレビが視界に入ってこないので勉強への集中力が増すのです。カウンターは横幅や奥行をしっかり確保して、子ども達が二人並んで勉強できる広さや親子で並んで宿題のチェックが行える横幅があるといいですし、奥行がゆったりとあれば教材を広げて勉強しやすいのです。勉強をしない時はカウンターの上をきちんと片づけられるように、カウンター下や上部に収納スペースを設けておきます。

将来的にパソコンスペースとして利用したり、ミシンやアイロンがけなどの家事スペースとして利用するかもしれないのでコンセントや照明など配線計画もしっかりと行っておきましょう。キッチンで家事をしながら子どもが勉強している姿を確認できると親にとっても安心できますし、コミュニケーションを大事にしながら勉強が行えるので子どもも安心できるのです。

コメントは受け付けていません