我々の暮らしにパソコンなどの電子機器は欠かせないものとなっています。私も主人もパソコンを使う機会が多いため、リビングの延長上に設けた小上がりの和室にパソコンを集中して行えるパソコンスペースを設けました。普段は建具をオープンにしているのですが、和室を小上がりにしたことで空間に立体感が生まれ、互いの空間に違和感を与えることもありません。

主人が持ち帰りの仕事を集中して行いたい時は、建具で閉め切って仕事を行います。隣で過ごす家族の気配を感じながら、自分の時間に集中できる和室となっています。長時間パソコンを利用しやすいように、造り付けたカウンター下には、掘り込んで足をゆったりと伸ばせる造りにしています。これは和室に高さを設けたことで可能な造りとなったのです。正座でパソコンをすると足がしびれて集中力にも欠けてしまいます。掘り込んだ造りにしたことでゆったりと足を伸ばせて、仕事への集中力も高められているのです。

カウンターサイドには壁面収納を設けており、仕事の書類、パソコン関連用品、プリンターなどを整理しています。和室では子ども達が遊んだりすることも多いため、この壁面収納には絵本やおもちゃなども整理しています。私がここでパソコンを利用することもあります。子どもが昼寝をしている横でネットショッピングをしたり、自分の時間を楽しみながらも子どもとの繋がりやコミュニケーションの取りやすさを確保できているので安心できます。子どもが成長すればスタディーコーナーとしても役立ちそうです。

コメントは受け付けていません