我が家には家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットを設けました。子ども達がまだ小さく、自分で服を管理できない点と子どもは汗をよくかいたり、服を汚したりすることが多いため着替える回数も多い点を配慮して、生活の中心である一階にこのファミリークローゼットを設けたのです。

このファミリークローゼットは洗面室に隣接して設置し、クローゼットと洗面室は行き来ができるように動線を確保しました。洗面室は脱衣室としても利用するため下着やパジャマなどが洗面室の隣にあると入浴の事前準備も楽ですし、洗面室ではお化粧やヘアセットなど身支度を行うため、衣類まで着替えることでトータルコーディネートしやすくなるのです。

洗面室は着替える機会が多いためここの隣に衣類を管理することで家族みんなが着替えやすく、また子ども達も自分で服を取り出し、着替えを行い、洗濯物を洗濯機へ入れるという習慣が自然と身に付いてきています。収納力はもちろんのことながらこのように動線にも配慮することで便利で使いやすいクローゼットとなるのです。

このファミリークローゼットはかける収納を多くしました。子ども達が自分で取り出せるようにハンガーバーを上下二段に分けて設置している部分もあります。下段は子ども達の上着を整理しています。掛ける収納を増やしたことで洗濯物をたたむという手間を省くことができます。それだけでなく衣類にシワが入らずに整理することができますし、どこにどの服があるかが一目瞭然なのです。

掛ける収納と引き出し収納を上手に取り入れたことでデッドスペースが生まれず、衣類を効率よく収納できています。ファミリークローゼットを設けたことで衣類の管理がしやすく、家事の効率も高まりました。

コメントは受け付けていません