寝る時間を除いて一番長く過ごす場所がリビングです。家族が集まるのはもちろん、家に遊びに来たお客様をお通しする場所でもあるだけに、より居心地のいい空間にしたいと誰もが思うことでしょう。家族団らんの場となるリビングを、二階に設けることでより明るく、開放感たっぷりの空間にすることができます。

二階リビングの最大のメリットは、日当たりが良くなることです。狭小住宅で一階の日当たりが悪い場合、リビングを二階に設けることも多いです。日当たりが良くなることで明るさや開放感を確保でき、リビングの快適性に繋がるのです。また、リビングからの眺めが良くなります。一階だと隣の家しか見えませんが、二階では空が広く見えたり、遠くの景色まで目が行き届きやすく眺めの良さを実感できることでしょう。

そして、プライバシー性の高いリビングにもなるのです。リビングが一階にある場合、窓を開けたら隣の家の窓がすぐ側にあるため窓を開けにくいこともありますし、通行人の視線が気になりカーテンを閉めっぱなしにしているという家庭も多いです。しかし、二階リビングだと通行人の視線はしっかりとカットできますし、窓の位置もお隣に合わないように意識しておくことで、周りの視線を気にすることなく、カーテンを開けっぱなしにしやすくなるのです。

開放感が得られるだけでなく、プライベートが空間を得られるのです。しかし、一つ気になるのが老後です。買い物からの帰宅時荷物を抱えて二階へ上がらなければなりません。外出や帰宅時には必ず階段の上り下りがあるため高齢になった時は体に負担がかかってしまいます。二階にリビングを設ける場合は、この対策をしっかりと行う必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません