二階建てや三階建て住宅を建てると階段の存在が欠かせません。階段を設けることで、階段の下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースをどのように活用させるかは家造りにおいて重要なことの一つでもあります。今までは階段下というと収納スペースが設けられることが多かったです。

しかし、階段の形状や扉を設ける位置によっては、奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっていたりとあまり使い勝手のよくない収納スペースとなってしまう場合があります。階段をどこに設けるか、どのような階段の種類かによって階段下の活用法もそれに適した活用法を取り入れるといいのです。最近では、リビング内にストレート階段を設ける家庭が多いです。この階段下に収納スペースを設ける場合は、今までのような隠す収納ではなく、オープン棚を設けて見せる収納を取り入れる人も多いのです。リビングという空間であるだけに収納機能とインテリア性を兼ね備えているのです。

他の活用法としては、居住スペースの一部としてペットスペースを設けたり、カウンターを設けてスタディコーナーやパソコンスペースとして利用させる家庭も多いです。階段下をオープンに活用するのもいいと思います。我が家は、廻り階段の下にトイレを配置しました。便器を設置している部分の一部の天井が通常の天井の高さに比べると低く、階段下ということで特殊な形状をしているのですが、トイレに狭い印象を一切与えることもありませんし、用を足すにも全く問題ありません。また階段の上り初めから途中までの階段下はトイレ収納として十分すぎる広さを確保できています。階段下を余すとこなく活用できていることで住まい全体の満足度も高まっています。

コメントは受け付けていません