間取りを決める際には動線が非常に重要です。この動線には、生活動線と家事動線があります。どちらの動線にも配慮しながら間取りを決めるようにしましょう。我が家には動線にこだわったところが2ヶ所あります。まずは和室です。リビングの延長線上に設けた和室は、普段は建具で仕切らず、リビングの延長として和室を多目的に使用することができます。いざという時は、建具で仕切れば宿泊ルームとして活用できますし、子どもが昼寝をした際も便利です。

しかし時に、リビングを見られたくないお客様が来ることもあります。このような場合、和室を客間として活用できるように玄関から直接和室へ行ける動線を設けたのです。リビング側と玄関側と2方向の動線を得たことで、より幅広い和室の活用法ができるのです。

そしてもう一か所は洗面室です。この洗面室は生活動線を考える上でも、家事動線を考える上でも重要な空間です。この洗面室にも2方向に建具を設け動線を確保したのです。まずは玄関側です。帰宅してすぐに洗面室へ行ける動線を確保しておくことで、外で汚れて帰ってきても室内を汚すことなく、手洗いが行えます。きれいな状態で後はゆっくりリビングでくつろぐことができるのです。

しかし家事動線を考えるとキッチンと洗面室の動線は非常に大事で、動線はできるだけ短くして家事の効率を高めたいものです。そこでキッチン側も建具を設けて動線を得たのです。そうすることでLDKからスムーズに洗面室へいけるので、家事動線だけでなく生活動線にも配慮されているのです。動線を意識して住宅内をスムーズに移動できるようにしておくと暮らしやすさを感じられると思います。

コメントは受け付けていません