畳の心地いい香りなど、和室は癒され、客間として使うだけでなく、子どもの遊び場や着替えの場所、趣味を楽しむ場所など、日常生活でさまざまに活用できます。

和室の収納といえば押入れですが、今の暮らしでは使い方が難しいです。押入れとクローゼットとの決定的な違いは、天袋、上段、下段とスペースが3つに分けられているところと、その奥行きの深さです。天袋は高くて使いにくく、奥のほうに入れたものは取り出しにくいです。更に洋服を掛けて収納できません。また布団もサイズが昔と今では違うので、うまく収まりません。
押入れに今の布団を収納するなら、襖を取り外し、三つ折の布団の幅110cmを布団収納にし、余ったスペースにはハンガーパイプを設置して、クローゼットのように使うと良いです。

廊下の両脇に居室がある田の字の間取りでは、独立性が高く、通風・採光が確保できるので、主寝室として機能します。畳の香りや弾力性も、寝心地として魅力があります。日中は家事スペースとして使い、家族団欒のくつろぎスペースとしても、冬はコタツと相性が良く、鍋料理や正月のおせち料理にも雰囲気があいます。

和室は子供の成長も支えます。赤ちゃんの様子を見ながら家事が出来、畳のクッション性は、赤ちゃんを危険から守ります。やんちゃ盛りには、畳は吸音性にも優れているため、特にマンションでは、下の階に音が響き難いです。畳部屋は集中力を高めるといった研究結果もあり、勉強部屋にも適しています。

座布団を敷けば大人数の来客にも対応でき、襖を閉めればプライバシーが確保され、ゲストルームにもなります。
また、和室は茶道、書道、お花、和楽器、ヨガなどの趣味の部屋にもなります。