家造りはまず、土地を探すことから始まります。自分に合った土地を探すためには、事前に家を建てる目的をしっかりと整理しておくことを忘れないようにしておきましょう。永住するための家をつくるのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶ土地も変わってくるでしょう。そして新しい家で暮らしの中心となるのは何なのかということも明確にしておきたいものです。

まずは土地のプロである不動産屋へ行き、土地の情報をより多く得るようにしましょう。自分が理想とする家を建てるにはどれくらいの土地の広さが必要なのか、土地の相場はいくらなのかということが見えてくるだけでも土地選びはしやすくなります。土地の情報を得ると同時に、土地に求める条件に優先順位をつけておくのです。通勤や通学を重視する人もいれば、病院や銀行が近い方がいいという人もいます。交通の便を重視する人もいれば、閑静で治安のいい場所を求める人もいます。日々の暮らしに欠かせないスーパーや大型ショッピングモールがあると便利ですし、自然に溢れて、子どもをのびのびと育てられる環境を望む人もいます。

人によってこれらの条件は大きく変わってくるだけに、この優先順位を明確にしておくことで土地選びがしやすくなるのです。全ての条件を満たす土地など見つかるわけがありません。そうして探していく中で気になる土地が見つかれば、下見をしっかり行いましょう。曜日や時間帯を変えて幾度が下見をしてあらゆる角度から土地を見てみるのです。近隣住民の雰囲気まで感じ取ることができると安心できます。まずはいい土地と出会い、最高の住まいを完成させたいものです。