LDK

家造りをする人のほとんどがLDKを重視することと思います。どの空間よりも広々と開放感があり、居心地の良さを追求します。最近ではLDKの一体感を高めたスタイルが人気です。できるだけ壁や建具で空間を区切らず、奥に視線を繋げることで広さや開放感をより感じられるようになるのです。しかしLDKの一体感を重視するあまり空間が間延びして、空間のメリハリが失われてしまうことがあります。これではLDKの快適性も下がってしまうのです。

LDKの開放感はそのままにそれぞれの空間を緩やかにゾーニングすることで、空間にメリハリが生まれますし、生活にもメリハリが付けられます。リビングをダウンフロアにします。空間に高低差を設けることで空間的な繋がりは感じながらも、空間を分けることができるのです。また家族団らんの場となるリビングをダウンフロアにすることで、天井が高くなりより広さや開放感を感じられるのです。

また落ち着いた印象が得られるため居心地の良さも高められるのです。他には木の面格子でゾーニングするのもいいと思います。木の面格子は空間のアクセントにもなるので、空間のデザイン性を高められます。また緩やかに視線をカットしてくれるのですが、明るさはしっかり通すため閉鎖的な印象にはなりません。このように少し工夫を凝らすだけでLDKにメリハリをつけることができ、それぞれの空間の居心地を良くしてくれます。もちろん家族との繋がりもしっかり感じられるのでまさに理想的な空間が広がるのです。