家事には365日休みがありません。休みのない家事だからこそ少しでも負担を軽減でき、効率良く行える環境を整えておきたいものです。家造りでまず行うことは間取りを決めることです。この間取りによって暮らしが大きく変わってきます。中でも家事動線に配慮して間取りを決めることで、家事の効率を高められ家事の時短が実現できるのです。

家事動線を考える上で重要なのが、キッチンと洗面室の動線です。家事の中心はキッチンです。キッチンで家事をしながら、別の家事を洗面室で行うことはよくあります。それだけにキッチンと洗面室の動線は短く、そして行き来がしやすいようにしておく必要があるのです。

例えば、キッチンと洗面室を横一直線で隣り合わせに配置します。このようにすることで、キッチンと洗面室は4,5歩で行き来ができ同時に二つの家事を行いやすくなるのです。洗面室に洗濯機を置く家庭が多いと思います。この洗面室から洗濯物干し場への動線も重要です。一番避けたいのが、一階で洗濯をして二階のバルコニーで干すというスタイルです。洗濯を終えた洗濯物は重さを増し、それを抱えて階段を上るというのは体に負担がかかります。妊娠中や高齢者では洗濯物を干すという作業が非常に体に負担をかけてしまうのです。

若い時でも妊娠中でも高齢になった時でも円滑に洗濯物を干せるようにしておくには、洗濯機のある洗面室と同フロアに洗濯物干し場を設けるといいのです。同フロアにすることで動線が短くなり体への負担も軽減できるのです。家事のしやすい家は家事へのストレスを溜めない家になるのです。