家族と言いますが、家族構成にはいろいろあります。
単身者もいれば、夫婦だけという場合もあります。
一般的に多いのは、夫婦と子供達という核家族ですが、親世帯と子世帯が同居する場合もあります。

また、最近の形として、2.5世帯といい、親世帯と独身の子どもと子世帯というのもあります。いずれにせよ、家族が多くなればなるほど、荷物が増えていきます。
普段はあまり意識しませんが、家族全員の靴類というと、相当な数があります。
普段履くものだけでなく、冠婚葬祭用の靴もありますし、スポーツ専用の靴もあります。長靴やスノーブーツなどのように、季節や天候によって、特別な靴もあります。

私の友人は、独身の妹と両親と同居するため、2.5世帯住宅を建てることにしました。家族が5人いますから、靴だけでも想像以上です。
家族全員が帰宅すると、どうしても、外から土泥を持ちこみますから、玄関土間が汚れてしまいますし、靴が脱ぎ放しになると、大変な状態になります。
そこで、玄関土間から土足で入ることができるシューズインクロゼットを作ることにしました。

ここには、家族分の傘や日傘、スリッパ、帽子、レインコートなども収納できるようにしましたので、外出する時、便利です。玄関土間もすっきりときれいに保たれます。
しかし、問題は、嫌な臭いが籠ってしまうということとカビが生えてしまうということです。家族それぞれの靴を把握しやすいように、オープン棚に収納するようにしましたので、どうしても、数が数ですから、玄関全体に嫌なにおいがこもってしまいます。

また、濡れた靴や傘やレインコートも収納しますので、長雨の時期には、かなりの湿度になります。
普段履く靴は大丈夫ですが、冠婚葬祭用の靴や季節外れの靴などにカビが生えてしまいます。シューズインクロゼットにも換気用の窓を取り付け、玄関部分にも小窓を取り付けることで、換気できるようにすればよかったと思いました。