洗面室には洗濯機と洗面化粧台は欠かせません。
しかし洗面室の広さには限りがあります。洗面室のポイントは限られた空間をいかに有効活用させるかということです。
最近では洗面室と脱衣所を分けて設ける人も増えてきました。
また洗面室を広めに確保して家事のしやすいスペースへとしている人も多いです。

洗面室にタオルを収納している家庭はほとんどだと思います。タオル類だけでなく、部屋着や下着まで収納できるようにしておけばより使い勝手のいい洗面室になるのです。
動線を考えてみてください。
帰宅してリビングへ行き荷物を置きます。そして手洗いをしに洗面室に行きます。
洗面室で手洗いを終えたら部屋着に着替えます。
その際にわざわざ二階のクローゼットまで衣類を取りに行くのは面倒です。
洗面室に部屋着を収納していれば手洗いをして移動することなくその場で着替えができます。

そしてその場に洗濯機もあるので、洗濯物は洗濯機へ入れるだけです。
後はゆっくりリビングで休むことができます。
また入浴後も洗面室に下着を収納していればサッと下着を取り出せるので事前に準備する手間も必要なくなります。住宅内の無駄な動きがなくなり、暮らしやすさを実感できる家になると思います。

洗面室の広さに少し余裕を持たせることでこれらの物まで収納できるだけでなく、ここに室内用の洗濯物干し場を設けることもできます。
天井に洗濯物用の吊り下げ金具を取り付け室内用の洗濯物干し場を設ければ家事の効率も高まります。
洗面室は生活をする上で重要な場所でもありまし、家事をする場所でもあります。快適性と家事効率の両面を考えるべきなのです。

トイレは使用頻度が高いです。使用頻度が高いですが滞在時間は短い空間です。
ほんの少しの時間ですが居心地が良くて快適さを実感できる空間にしたいものです。
我が家も新築住宅を建てることになりました。
主婦である私はキッチンと同じくらいトイレにもこだわりたいと思っています。

トイレは広さに限りのある空間です。だからそこ設置するトイレはよりスッキリとさせることで圧迫感を感じないトイレスペースとなります。
最近ではタンクレストイレが人気を高めています。
タンクがない分トイレの空間に余裕が生まれスッキリします。
タンクレストイレの普及と共にトイレ内に手洗いスペースを設けるスタイルが主流となってきました。この手洗いスペースもトイレの雰囲気と調和がとれたデザインにすることで空間にまとまりが生まれます。

そしてこの手洗いスペースをただ手を洗う場とするのではなく、ミニ洗面室がそこにあるかのような空間にするとトイレの使いやすさや便利さが高まると思います。
これは家に遊びに来たお客様をもてなす意味でも効果があると思います。

トイレ内にミニ洗面室を設けることで、用を足したついでに自分の身だしなみを整えることができます。人のお宅にお邪魔している時、身だしなみを確認したくても気軽に洗面室を借りにくいものです。
トイレを借りるのと同時に身だしなみをチェックできれば便利なトイレだと感じることでしょう。
トイレは家族にとっても、家に来たお客様にとっても使いやすく快適な空間にしておきたい場所です。