我が家は新築住宅を建てることを決断し、ようやく間取りも決まりつつあります。
暮らしやすさや、住み心地を考えた時にこの間取りと言うものが非常に大事になってきます。

間取りを決める際には日々の生活動線を意識しながら、そして女性であれば家事動線を考えながら決めるといいのです。

私は生活動線と家事動線を意識して間取りを完成させています。
まず家族が快適に暮らせる家にするには生活動線が重要です。
家族が長時間過ごすリビングを中心にトイレや洗面室への行き来のしやすさというものが大事だと思います。

外出前に用を足して出かけることや、帰宅して慌ててトイレに駆け込むということもよくあります。このことを考えるとトイレは玄関近くに設けると便利がいいのです。

意外と頭を悩ませるのが階段の位置です。最近人気を高めているリビング階段を取り入れました。リビング階段はリビングからそのまま二階へスムーズへ上がることができます。

また子ども達が成長し思春期頃になると帰宅してそのまま二階の自分の部屋へ行くということも増えるでしょう。家族が顔を合わす機会がほとんどなくなるのです。
しかしリビング階段にすることで家族が顔を合わす機会が増えます。
顔を合わすことで自然とコミュニケーションを取る機会も増えるのです。
階段の位置にも注目して間取りを決めるといいでしょう。

そして女性が一番重視するのが家事動線です。
その中で私が一番重視したのがキッチンと洗面室の位置です。
キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事をするということは多いです。
この二つの空間は行き来がしやすく、また動線も短くすることで家事効率も高まるのです。

住宅において間取りは大事なので普段の生活を考えながら慎重に決めたいものです。