キッチンは女の城です。
シンク下やコンロ下の収納は現在のシステムキッチンは大変収納力に優れています。
この部分の収納が充実していることで調理効率を高めることができ、料理や片付けが今まで以上に楽になるのです。
一番魅力的なのは適材適所に必要な物を収納できるところです。
てこの原理を応用して斜めに開く扉があります。
軽い力で必要な道具を取り出すことができます。
そこに包丁やまな板、お玉や菜箸などを収納しそれらを全て立てて収納できるのでパッとスムーズに取り出せ調理へのとりかかりも素早くできます。

また床に近い下の部分まで収納スペースにすることで調理道具やストック品をきちんと収納できるのも主婦としては嬉しいと思います。
キッチン側に手元収納があるタイプにすることでより調理効率を高めてくれると思います。
使用頻度の高い調味料を収納しておくのに最適な空間です。
作業スペースに圧迫感を与えることなくそれらを収納できるので広々作業スペースはそのままです。
キッチンに欠かせない収納はもう一つカップボードです。
お皿や炊飯器やポット、電子レンジといった普段よく使用する物を一緒に収納します。私は炊飯器やポット、電子レンジといった生活感の出やすい家電もカップボード内に収納し、使用しない時は扉で隠してスッキリとしたキッチンに仕上げたいと思っています。

またキッチンの特徴の一つであるゴミ箱の数。
キッチンで出るゴミは分類をしなければならず、その分ごみ箱もたくさん必要です。
数あるゴミ箱もしっかりとビルトインすることで生活感の感じさせないオシャレなキッチンになるのです。
キッチンで毎日家事を行います。それだけに居心地がよく使い勝手のいい空間にしたいものです。