住宅の断熱工法はその後の暮らしをいかに快適に暮らせるかということに大きく関わってきます。
生活空間だけでなく住宅の耐久性にも関わってくるので非常に大事であることが言えます。
住宅の断熱をしっかり行うことで夏は涼しく冬暖かい家というのが実現します。
冷暖房に頼らず光熱費をかけずに快適な住空間を手に入れるためには断熱工法は自分の納得できる方を選択したいものです。

断熱工法には内断熱と外張り断熱があります。
今までの木造住宅では内断熱工法が主流で用いられてきました。
しかし最近になって外張り断熱工法が人気を高めています。
外部の気温に左右されることがなく、室内環境を一定に保つためには床や壁、天井から伝わる影響を最低限にしたいものです。
そのためにも住宅の断熱は非常に大切です。
まず内断熱とは柱や梁の間に断熱材を埋め込む工法です。
外張り断熱とは柱や梁の外側から断熱材で覆う工法です。
どちらの工法にもメリット・デメリットはあります。

最近人気を高めている外張り断熱は内断熱より断熱効果が高いと言われていますが、実際には内断熱も外張り断熱も使用する断熱材によってその断熱効果は変わってくるのです。
使用する断熱材をしっかり事前に聞くことを忘れないようにしましょう。
外張り断熱は施工費用が内断熱に比べると割高です。
少しでもコストを抑えるために安価な断熱材を使用するということもよりあると聞きます。
夏は涼しく冬は暖かい家を実現するためにも断熱工法も大事ですが使用する断熱材にも注目してみるといいと思います。