現代の日本の住宅は従来に比べると、とても多くのデザインや優れた機能を兼ね備え多種多様な家がたくさんあります。

日本の昔ながらの重厚感のある瓦屋根に、畳の独特の香りと落ち着き感は日本人だからこそ味わえるものです。ネット社会が当たり前の今、日本にいながら世界各国のニュースはもちろん、衣服や食料や車など世界の物を簡単に手に入れることができます。

住宅もその1つです。最近では輸入住宅という言葉を耳にする機会も増えてきました。輸入住宅関連メーカーや商社などの業界団体、輸入住宅産業協議会が説明する輸入住宅の定義とは、海外の設計思想による住宅ということと、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅であるということです。

輸入住宅は大きく2つに分けられます。まずは部材の輸入が最も多いアメリカ・カナダの北米スタイル。ヨーロッパ大陸からアメリカやカナダに移り住んだ人たちの住まいが基本なのでさまざまな国の特徴を持った外観デザインの住宅があります。もう1つは、冬が長く自然環境の厳しいスウェーデン・フィンランド・デンマークなどの北欧スタイル。形や色・デザインがシンプルであることと、寒い地域ならではの構造で、機密性・断熱性の高い住宅なのです。重厚感があり暖かみさえも感じさせる点が人気の理由なのかもしれません。

また住宅における基本性能の耐震性・耐久性・耐火性・気密・断熱性・遮音性が優れていることも注目され、人気が高まっている点といえるでしょう。日本でもこれらの性能を重視した構造の住宅が大変関心を持たれています。様々な観点から快適で自分らしい家づくりができれば理想的ですね。